生き方

女性必見!日頃の会話が健康を害する?女子会や井戸端会議の危険な側面

女性のストレス発散。それは話す事。多くの女性はうなずいている事と思います

 

会話が弾んで時間を忘れる事があります。昔ほどではありませんが、まだまだ男性社会。ストレスを溜め込んでしまいがちなのです

 

女性は争いを嫌います。争いがある状況では子供は育てられませんから、本能でそう思っているのです。争いを避けるために不満な状況や出来事も受け入れてしまうのです

 

そして、気を許せる相手や、同じ悩みをもつ相手が現れてしまうと、ついつい話し込んでします

 

いつの間にか話す内容は不満やグチになっていく...

 

ほとんどの女性はここで深く頷いています

 

溜め込んでいる嫌なものを吐き出してスッキリする事が多いのです

 

普段はそういう事を言わないと決めている方も、ついつい話し込んでいくうちにそういう方向になってしまう。そんな経験、アナタは1度や2度ではないかと...

 

もちろん男性も愚痴の多い人は少なくないです。しかし女性は会話をする生き物。それだけ危険にさらされやすいのです

 

今回は女子会や井戸端会議に潜む危険な側面を理解して、アナタの人生の質を上げるために賢い選択と賢い行動を御提案させて頂きますね。

グチの良い面

いやな思いをした。いやな経験をした。それを自分の心にしまい込んでいる事はあまりよくないと言われます

 

人に話してスッキリするのは、時と場合によっては必要です

 

相手には解決方法を求めていないので、とりあえず話したいという状況を作ってしまいがちです。そう...

 

吐き出す事も必要です

 

吐き出す事も必要です。話す相手は理解してくれる人になります。とても大切な人です。正直、聞かされる方もエネルギーが必要なのです。ですから、面白がって聞く相手なら話さない方がよいです

 

とりあえず話したい。と、あせってはいけません

 

きちんと話を聞いてくれる相手の都合がつくまで、そっと自分の中にしまいこんでおきましょう。時間がたって冷静に考えると、どうでもよい内容だったと、自分で解決できるかもしれません

 

吐き出す事は必要です。しかし、話す相手を間違わないようにしたいものです。

愚痴と認知症の関係

認知症と愚痴との関係がひそかに注目を浴びています。超高齢化社会を目前に、認知症問題は大きな課題であります

 

愚痴や不満を言っている時の脳の状態は、リラックス状態とは真逆なのだそうです。当たり前と言えば当たり前ですが、いやな思い、いやな出来事はその場で解決出来なかった事だと思われます

 

立場の違いで相手の意見が強く、言い返せない状態。脳が正常に働かない状態と想定されます。脳が正常に働かない体験が多ければ、認知症等の脳の病気になりやすいのは容易に想像できます

 

そして、誰かにその「悔しかった」出来事を話します

 

愚痴や不満を言う事で、その状況を自分で再現してしまうのです...

 

わざわざ同じ体験を自分で再現するなんて不思議な行動です。女子会、井戸端会議でそちらの方向に進まないように意図的に会話をしていきましょう。もし、それが好きなグループだと気づいたらなんとか抜け出す方法を考えて下さいね。自分の身を守って認知症のリスクを減らしましょう。

スピリチュアルブーム

スピリチュアルブームが起きています。現在社会に疲れてしまい、真実を求める人がどんどん増えています

 

一昔前は会話の中で愚痴や不満を言う事に違和感を覚える人は少なかったように思われます

 

しかし、よく目をこらして見ると、ハッキリと別れている事に気づきます。愚痴や不満を言いたくてウズウズしているグループと、まったく逆の人達

 

このまったく逆の人達は少数すぎて気づかれる事はありませんでした。しかし、徐々にですが確実に増えています。今では全体の10%と言われています

 

スピリチュアルの基本的な考えかたは昔からある宗教や偉人の考えかたです。大昔から愚痴や不満は身を滅ぼすと言われているのに、信じない理由はないと思われます

 

なぜ、愚痴や不満を言う状況が異常であると気付かなかったのか。その事に気付く人が増えているのです

 

スピリチュアルの世界を受け入れている人は99%~100%愚痴や不満は良くないと知っています

 

その行為が自分自身を傷つける事と心の奥で理解しています

 

アナタは賢いのでもうすでに選択しているでしょう。もし、そうでなくても今日からでも始められます。最初は元の習慣にもどりやすいですが、本当に心から願っている道はどちらなのか冷静に考えましょう。

脳の同期発火

グループでは同じ考えかたになりやすい状況を、脳の同期発火と表現する場合があります。簡単に説明するとお互いが影響を受けやすいという事です

 

愚痴を言いたくてウズウズしているグループ、まったく言わない人達

 

現代は愚痴を言いたい人達もまだまだ多いですが、まったく言わない人も存在します

 

愚痴を言わない人は10人集まれば2人です。20人集まれば4人いる計算になります

 

年齢が若くなるにつれ愚痴を言わない人が多くなる傾向にあります。そう、

 

老人や中高年世代は愚痴を言う文化が頭の中に染みついている、ひどい状況であった事実を知る事が肝心です

 

グループ選びは慎重にならざるをえません。自分は大丈夫と思っていても脳の同期発火が生じますので、望んでいない方向へ進んでいきます。孤独で寂しい時もあると思いますが、あなたなら賢い選択ができると思います

 

どうしてもグループで行動しなければならない時があっても、同期発火に注意を払いましょう。

愚痴聞きの仕事

そう言われてもどうして言わないと気が済まない。そんなあなたには周りの人に言うのではなく、仕事として聞いてくれるサービスが沢山ありますので、活用するのも1つの手です。

まとめ

今回は愚痴の危険性とそれをを言ってしまう状況を紹介させて頂きました

 

愚痴の危険性は脳がリラックス状態ではない為、様々な病気の原因と成り得ます

 

現在は人との会話では同期発火が働き多数派の勝利です。その事実を知って賢い選択をして下さい

 

孤独がいい場合もあるかもしれません。でも安心して下さい

 

今はインターネットでつながれる時代です。孤独を恐れずに上手く活用して行動している人が増えているのも事実...

 

古代ローマ時代の詩人ユウェナリスはこう言っています。

「健全な精神は健全なる身体に宿る」と。

 

今回の話をまとめさせて頂くと...

「健全な精神は健全な身体となる」と恐れ多くも少し変更させて頂きました。

 

読んで下さりありがとうございます

-生き方

© 2020 中原よしおのブログ