健康

ウォーキング大革命!其の三。大地のエネルギー吸収。40代以降の方にオススメ

みなさま本当にお疲れ様です。今日はどんな一日でしたか?

 

出勤だけでヘトヘト、今日一日長かった

 

こちらは仕事もあと一息、やっと開放される

 

いやいや、まだ残業中ですよ。いつ帰れるのかい?

 

様々です。

 

主婦の方々も大変です

 

夕飯が終わった。あとかたずけ何で私だけ?とか..

 

様々です。

 

今日もクタクタ‥明日はどうなるのか‥

 

そんな状態のあなた様に、またまたとっておきのエネルギーチャージの方法をご紹介いたします。

 

タイトルにもあるようにウォーキング中に大地のエネルギーを吸収する方法です。重力を感じたり、道の状態を普段より強く意識する。などです

 

ん?と思った方。あ~わかると思った方。今回も反応はそれぞれであると思いますが‥しかし

 

この度も一読の価値あり!と私自身は思っております。そして大地のエネルギーを吸収する方法は物凄く簡単なので、ウォーキングをしながら取り入れないのはもったいないと感じています。

 

散歩(ウォーキング)は本当に気持ちが良いです

 

ズンズンと歩くだけで色々な悩み事が不思議となくなってしまいます

 

その流れを経て、ウォーキング大革命!今回は第三回目となります。

 

※第一回ウォーキング大革命!気功の甩手(せいしゅ)を利用します。

※第二回ウォーキング大革命!其の二。太陽エネルギーの吸収。

 

ウォーキング大革命?そう思われた方は第一回そして第二回を読んで頂くと大体の流れが分かります。「そういうことね」という感覚になりますよ。

 

もちろん第三回からの参加でもまったくOK!問題ありません。「そういうことね」位の工夫ですが、けっこう効果あります。自信をもってオススメしておりますので今回も期待して読み進めて下さい。

おさらい

まず初めに第一回、第二回のおさらいを簡単にいたします

 

内容をご存知の方は復習だと思って読み進めて下さい

 

第一回はウォーキングに気功の甩手(せいしゅ)を利用しました

 

両手振り運動ともいいますが、体の中にある邪気(あまりよろしくないもの)を両手から放出する方法が気功の分野にはあります。気功を行う前運動として取り入れています

 

やり方は簡単で、書いた文字のごとく「両手を振る」のです。体の中に溜まったよろしくないものを宇宙の果てまで投げ捨てるイメージで行います。

 

第一回はそれとウォーキングをミックスした方法でしたね

 

第二回は太陽エネルギーの吸収を利用しました

 

人間のエネルギー生産には解糖系とミトコンドリア系という2つの系が存在します

 

人間の体は植物のエネルギー生産の要素もあるのです。実際に科学的に証明されているものにビタミンDの生産があります

 

ビタミンDは皮膚を太陽に当てる事でしか生産ができないのです

 

そのように太陽エネルギーを取り入れながらウォーキングとドッキングした方法

 

第二回は太陽を凝視するという諸説ある方法ですから、自己責任でお願いしますという内容でした。

 

初めての方はここまでで胡散臭いな~と思われた方もおられると思います。しかし、そこにこそ真実が隠されている場合も...是非、お化け屋敷に入るような気持ちで読み進めてみて下さい。

大地のパワーを取り入れる

大地のパワーを取り入れるとはいったいどういう事か

 

歩くときのエネルギーを考えてみます

 

重力に逆らっている立つという行為

 

その場から前に進むという移動の行為

 

この2です。

 

私達があるいているとき意識しやすいのは前に進むという行為です。前に進む行為ですら無意識で行なっているので意識にあげなくても前に進みます

 

一方、重力に逆らった立つという行為はあまり意識しておりません。意識しようと思ってもイメージが湧きにくいのを感じますね

 

例えば、凍った道路やスケートリンクを思い浮かべて下さい。ここで初めて立つという行為に意識が向きます

 

滑らないようにしっかり重心・バランスをとっています

 

大地のエネルギーを感じるとは、つまり「そういうこと」です。

 

普段ウォーキングをしている道路がどんな様子なのか細かに再現できる人は少ないです

 

今度意識して歩いてみて下さい。こんなトコロにマンホールがあったのか。こんなデコボコあったっけ?等新しい発見があると思いますよ

 

それが第一段階です。

蹴る行為がエネルギー

普段のウォーキングの道がどんな状態なのか楽しみですが、今度はその意識にあがった道路をどう活用するか申します

 

「押し出す」です。「蹴る」とも。

 

どちらかピンとくる言葉を採用して下さい。イメージはとても大事です。

 

地面を蹴る、着地する、蹴る

 

または

 

地面から体を押し出す、着地する、押し出す

 

リズムです。蹴る♪着地♪蹴る♪

 

よく言われている事ですから知っている内容かもしれません。しかし実際に行うと難しくてやめてしまう。そのうち忘れてしまう。そのような方が大半のようです。

 

しかし、です。

 

ちょっとした工夫で簡単に出来てしまいます。そして嬉しい副産物もついてくるという一石二鳥な得感満載の工夫です

 

重心を落としましょう

ちょっとした工夫というのは、実に簡単な事です

 

重心を落とす事。それだけです

 

へその位置をちょっとだけ下げるとか、膝をちょっとだけ曲げるでもいいでしょう

 

実際おこなってみるとわかります。地面をいつもより感じられます。がっしり地面をつかんでいるイメージ

 

一歩一歩、ガシッ、ガシッとなりますよ。不思議ですがそういうものです

 

テンポに合わせてリズム良く、楽しくですよ

 

大地のエネルギーが足から入ってくるイメージで行うとより効果的です

 

実際にそのエネルギーは足全体の強化に繋がりますので本気でイメージすると効果も倍増です

 

ここで2つ注意点がありますので、お伝えしておきます

 

前足が引っかかりやすくなりますので、転倒には十分注意して下さい。そして足の指に特に圧力がかかりますから痛みが生じるようなら重心を下げる時間を少なくするなどの工夫も必要です

 

さきほど注意点で申しました通り重心を落として地面をつかみやすい状態になった場合、足の指や足裏に圧力がかかります

 

先程の嬉しい副産物とはその事で、それは同時に足裏のマッサージにもなるのです

 

足の指の裏を押すと様々な効果がありますがここでは1つだけお伝えいたします

 

親指の裏。これは脳の活性化に繋がります。脳の血行促進とも表現されています

 

これは嬉しい副産物です。一石二鳥ですね。

まとめ

今回はウォーキング大革命其の三というタイトルで色々と述べさせて頂きました。

 

お化け屋敷のような胡散臭さはなかったのでつまんないと思わた方、本当にスミマセン。地味な内容の配信でした‥

 

行う事は地味ですが、効果がありそう。一方でそう思ってい頂くとこちらもお伝えしている意欲がますます湧いてまいります。

 

第四回目もありますので、楽しみに....

 

読んで下さりありがとうございます

-健康

© 2020 中原よしおのブログ